awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
 Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links


シャンパーニュがすごい理由(ワケ)


■厳しい基準のもと、醸造されるシャンパーニュ


シャンパンは、フランス北部にあるシャンパーニュ地方で収穫されたブドウをシャンパーニュ方式により醸造した発泡性ワインのことを言います。
1927年に法律によって定義され、これにより35,000ヘクタールの畑が葡萄園として認定されました。
それ以外の地区や国で造られたワインは、たとえ製法が全く同じであってもスパークリングワイン(フランス産ならヴァン・ムスー)となります。

まだ、使用されるブドウの種類もシャルドネ(白ブドウ)、ピノ・ノワール(黒ブドウ)、ピノ・ムーニエ(黒ブドウ)の3種類のみとされています。
地域を限定することにより品質を均一化し、厳しい製法により高い品質を保っています。


■良質なシャンパーニュは悪酔いしない

良質なシャンパーニュは、ヒスタミンという成分が少ないため、悪酔いしないといわれています。
個人差もありますし、その時の体調や雰囲気にもよるかもしれませんが、同じアルコール度数のものでも、シャンパーニュは他のお酒にくらべ、ゆったりと酔うことができます。
ただし、酔いがまわる速さでいえば、シャンパーニュは発泡性ワインなので炭酸ガスが胃袋を刺激し、この刺激が食欲増進とともにアルコールもどんどん体内へ吸収してしまうので、早く酔いがまわります。空腹のときは何か軽く食べてから飲みましょう。


■ダイエットにも最適!(?)糖分の少ないシャンパーニュもある

嬉しいことに、ダイエット中でも気にせず飲めるシャンパーニュがあります。
ドサージュ(門出のリキュール)による加糖が少ないものです。
通常のBrut(辛口)は1リットル当たり5~10gの加糖となりますが、
下記のシャンパーニュは1リットル当たりの加糖が6g以下のダイエットシャンパーニュです。

Laurent-Perrier  「Ultra Brut」
(ピノ・ノワール45%、シャルドネ55%)
ローランペリエはどちらかというと甘いのが特徴でしたが、これはあえてそれを外したウルトラ・ブリュット(超辛口)。
シャルドネからくる繊細さ、軽やかさ、ミネラル、ピノ・ノワールからくるフルーティさ、フローラルさを存分に楽しめる
シャープなシャンパーニュです。

Mailly 「Extra Brut Grand Cru 100%」
(ピノ・ノワール75%、シャルドネ25%)
豊かな泡立ちのほか、柑橘類、アーモンド、ドライフルーツ、お花などの複雑な香りを楽しむことができます。
コク、芳醇さも兼ね備えています。

ちなみに、Extra Brut(超辛口)は1リットル当たりの加糖が0~6gで、
その中でも加糖が0のものをノンドゼといいます。



Home(Top page) of 『awachef』