awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でくつろぐシャンパーニュ時間を120%楽しむためのサイト 
Home(Top page) / Mail magagine /About us /


■シャンパーニュ地方の超お勧めホテル「ロワイヤル・シャンパーニュ」
【右写真: ホテルの部屋から見える春のブドウ畑】
▼行きたい場所からホテルを簡単検索!   
 海外ホテル予約サイト ホテルスキップ

シャンパーニュ地方の超お勧めホテル「ロワイヤル・シャンパーニュ」
【右写真: ホテルの部屋から見える春のブドウ畑】

シャンパーニュ地方の見どころはエペルネとランスです。
エペルネで1日、ランスで1日、合計2日あれば存分に楽しめます。
観光の拠点にぜひお勧めしたいのが
このホテル「 Royal Champagne (ロワイヤル・シャンパーニュ)」。

このホテルはエペルネ駅からタクシーで15分くらい(約7Km)の小高い丘の上にあります。
なんたってこのホテルがスゴイのはシャンパーニュが常時200種類も飲めること!
シャンパーニュ好きにはたまりませんね!
18世紀に建てられ、かのナポレオンが滞在したこともある由緒ある高級ホテルです。
現在は Moet Chandon の所有。

まず、ドキドキしながら受付に入ると・・・笑顔のステキな女性がフレンドリーに対応してくれます。
日本語は通じませんが、カタコトの英語でOK。
私が泊まった時は、なんと手書きのウェルカム・メッセージ(英語)を手渡しでいただきました。
ヒデキ感激ぃ(←古い)・・・こういうの、嬉しいですよね。
そして当然のように冷え冷えのウェルカムシャンパンがでてきます!! 
しかも銘柄は「Royal Champagne」!
ホテルの名前とおんなじ!
シャンパーニュをいただきながらリラックスしてチェックイン。
「ああ、シャンパーニュ地方に来た~~~!!」と幸せを実感。

この感動はお部屋に通されてからも続きます。
お部屋の中央にあるヨーロッパ調の素敵なテーブルの上に
なんと、ヴーヴ・クリコが置いてあるではありませんか!!!
しかも、ワインクーラーで氷水につけられていて、ちょうどいい具合に冷えている!
このおもてなしには、またしても感激ぃ~です。

お部屋の内装はとても豪華です。
私の泊まったお部屋は、調度品はアジアっぽいものもありましたが、
それがヨーロッパの家具といい具合にマッチして、
ちょっと日本人には真似できないハイレベルな美的感覚でした。
窓からはシャンパーニュのブドウ畑が遠くまで見えます。
私が行ったのは春でしたが、秋に行くと、収穫時期の畑が見れてそれはキレイだそうです。

さて旅の疲れもあってぐっすり眠った翌日。
ホテルご自慢のレストランで朝食(ビュッフェ)をいただきます。
レストランの豪華さにしばし目を奪われながら中央のビュッフェテーブルを眺めていると・・・。
スクランブルエッグ、パン、オレンジジュースなどの脇に、やっぱり、見つけました!
シャンパンがある!
銘柄はウェルカムシャンパンと同じ「Royal Champagne」。
朝からジュース感覚でシャンパンが飲み放題です。
さすが、シャンパーニュ地方に来ると、何かが違う!

さて、これまでにも少し触れてきましたが、
このホテルはサービスが最高です。
夕方、お部屋に戻ってくると、
丁寧にベッドメーキングされた枕もとに、
なんと真紅のバラが一輪置いてあるのですよ!
それも毎晩ですよ!ロマンチックでしょう?

窓から見えるのどかなブドウ畑も最高に癒されます。
「ここに一週間いたらみんな優しい性格になれるだろうな」
と思います。
ちなみに、朝食は、事前にお願いすれば
お部屋でいただくこともできます。
出発の日の朝はお部屋でいただきましたが、
ブドウ畑を見ながらのんびり朝食、というのもオツなものですよ。

さて気になるお値段ですが・・・
私は2006年春(為替は1ユーロ=155円くらいでした)に
JTBの手配で行って、
1泊51,000円(1部屋の値段)でした。
むむ高い・・・でも、ぜったい一生に一度は行く価値あります!
シャンパーニュ地方を訪れたなら是非泊まってみたい、超お勧めホテルです。



Home(Top page) of 『awachef』