awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
 Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links



PIPER HEIDSIESK (パイパー・エドシック)
51, bd, Henry Vasnier, 51100 Reims
TEL: 03.26.84.43.43
FAX: 03.26.84.43.84


↓↓↓クリックするとクールな音楽が流れます。会社でこっそり見ている方、ご注意を(笑)!!左下のサウンドマークをクリックすると音は消えます。)

URL:http://www.piper-heidsieck.com/home.html

見学は予約不要
パイパーの見学についてはコチラ





カンヌ国際映画祭公式シャンパーニュ。マリリンモンローが毎朝飲んでいたことでも有名。

1785年フローレンス・ルイ・エドシックがランスに設立した「エドシック」が始まり。
220年以上の歴史があります。
エドシックを名乗るシャンパーニュメーカーは、
「パイパー・エドシック」、「シャルル・エドシック」、「エドシック・モノポール」の3社がありますが、
元をたどるとこの「エドシック」になります。
「パイパー・エドシック」はもともと1835年に独立した甥のクリスチャンが始めたメゾン。
クリスチャンが独立直後に亡くなり、未亡人となった妻が経営パートナーのアンリ・ギローヌ・ピペと再婚したことで
今のパイパー・エドシックと呼ばれるようになりました。
(再婚相手のピペ(Piper)は英語読みでパイパーになります。)

近年では、パイパーはハリウッドなど映画界との関連も深く、

多数の映画に登場し「ザ・ムービー・シャンパーニュ」とも呼ばれています。

カンヌ国際映画祭の公式シャンパーニュに選ばれたほか、
アカデミー賞、ヴェニスやベルリンの映画祭でもパイパーが振る舞われています。

また
、パイパーはマリリン・モンローが毎朝飲んでいたことでも有名。

ランスにあるメゾンを見学すると、館内にマリリン・モンローの写真が飾られており、

「大好きなパイパーへ」との直筆サインがあります。

私はこのメゾンを見学したことがあります。
乗物にのって遊園地のような感覚で見学することができます。
最後はもちろん試飲タイムもあります。
予約不要で日本語でも対応してくれるので、とても行きやすいと思います



■パイパーの魔法であなたも女優に!


Brut (ブリュット)
(PN55~60%, PM25~30%, Ch15~20%)
パイパーのテーマカラー、「真紅」がトレードマークの定番ブリュット。
まだ飲んだことない方はとにかくコレ!
一度飲むと、マリリンモンローが毎朝飲んだ理由がわかる気がします。


Baby Piper (ベイビー・パイパー)
ピッコロサイズの小さなボトルです。
ピパリーノと呼ばれることもあります。
1人前の分量で、グラスでいえば2杯分。
ストローをさしてお洒落にいただきます。
私の家の近所のスーパーでは1500円ぐらいで売っています。
パーティーの時などは、これを人数分用意して
カラフルなストローを置いてみてもお洒落ですね!
見ているだけで元気をもらえる真紅のボトルに場が盛り上がること間違いなし!
とても人気があり、ベビーシャンパンの代名詞とも言われています。


Brut Rosé Sauvage (ブリュット・ロゼ・ソヴァージュ)
(PN55~60%, PM25~30%, Ch15~20%)
ソヴァージュはフランス語で「野性的な」の意味。
でもその言葉のイメージを超えた、生き生きとした魅力にあふれたロゼ・シャンパーニュです。
元気な気分になれるロゼです。


Cuvée Rare NV (キュヴェ・レア)
(PN70~75%, PM20~30%)
パイパー100周年、200周年の記念式典用に作られた「キュヴェ・レゼルヴ・レア」をイメージして作られたシャンパーニュ。
複数年の原酒をアサンブラージュして作られています。
この記念式典は超豪華で、特に1985年の200周年式典ではボトル装飾をヴァン・クリーフ&アーペルが担当。
その装飾はまるで「シャンパーニュの宝石」だったそうです。


Brut Vintage 2000 (ブリュット・ヴィンテージ)
(PN60%, Ch40%)
パイパーのヴィンテージものは、なかなかお目にかかることがないのですが、
もし見つけたら、「買い」です!
2000年はブドウの当たり年。
シャルドネの酸味とピノノワールのコクを存分に楽しめる「逸品」です。







Home(Top page) of 『awachef』
妥協なきシャンパン「ブリュット・プルミエ」