awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links


マニアックだけどこんなのも美味でした ■H~Z


有名じゃなくても、
美味しいものってじつはたくさんあるんです!!!

有名メゾンのブドウは、
じつは○○がつくっていた!
なんてこともあるんです!!!

中身はまったく同じなのに、
ラベルが違うだけで、
(つまりブランドの有名・無名の違いだけで)
値段が2倍以上違うとしたら・・・。

あなたならどうします???

私はだんぜん、無名のものを買います。

そんなお買い得シャンパーニュもふくめ、
コストパフォーマンスの高いものを中心に
美味しかったものをアルファベット順にご紹介します!!!


マニアックだけどこんなものも美味でした」 ■A~Gはこちら






■H

HERBERT BEAUFORT(エルベール・ボーフォール)
32 Rue de Tours 51150 Bouzy
TEL: 03.26.57.01.34
FAX: 03.26.57.09.08

URL:http://www.champagne-herbert-beaufort.com/
見学はワイン業界関係者のみ












1820年創業。
16世紀にはすでにボーフォール家はシャンパーニュ地方で
ワインをつくっていたようです。
ブージィ村のグランクリュとプルミエクリュの畑のブドウのみを使用して
シャンパーニュをつくっています。。
年間出荷量は14万本です。


東京都中央区にあるワインショップ、京橋ワインでロゼの取扱いがあります。
この京橋ワインは、楽天市場でワインジャンル賞を4年連続で受賞しているすごいショップです。





HEIDSIECK et CºMONOPOLE (エイドシック・モノポール)
5 Place du Général Gouraud B.P. 1049 51689 Reims
TEL 03.26.61.62.63
FAX 03.26.61.63.88
URL
: http://www.vranken.net/

見学はワイン業界関係者のみ
ヴランケン・ポメリー・モノポールのブランドの一つです。
これまでに数々の国王や皇帝に愛されてきた味です。
現在でもいわゆる食通、美食家と言われる人たちに支持されています。
日本ではピッコロサイズ(グラス2杯分)の小さなボトルをよく見かけます。
持ち歩きたくなる可愛らしさです!





■I


■Isselée Père et Fils(イスレー ペール・エ・フィス)
日本で飲めるのは小淵沢リゾナーレのレストラン
「OTTO SETTE」(オットセッテ)だけ!

年間600本しか日本に入ってこないシャンパーニュ。
そのすべてが小淵沢リゾナーレに調達されています。



シャルドネを使用したブラン・ド・ブランです。
畑はクラマンにあるGrand Cru(最高格付け)の畑です。
クラマンは最高品質のシャルドネが採れることで有名で、
「シャンパーニュ地方の宝石」とも言われています。

はちみつ、アカシアの白いお花のような甘い香りやトーストの香ばしい香りが素敵です。
ブラン・ド・ブランなので、ブドウはシャルドネしか使用していないのですが、
飲むと舌に心地よいまろやかさとコクがあって、とてもブラン・ド・ブランとは思えないような感じです。
グランクリュの畑でとれた最高品質のブドウを長く熟成させているからかもしれません。

「イスレー・ペール・エ・フィス」のペールエ・フィスは父と息子、という意味です。
とても小さなメゾンです。
ちなみに、このレストランでボトルが7500円で、グラスが1500円でした。
グランクリュの、ブラン・ド・ブランがレストランでこの値段で味わえるのは奇跡です!
品質や味わいを考えると、この倍ぐらいしてもいいと思います。

ちなみに、このオットセッテはお食事もサービスも最高です。
とにかく地元の新鮮なお野菜がふんだんに使われていて、
びっくりするぐらい野菜が美味しくて、いくらでも食べられそうな感じでした。




■J


!!

















JEAN MILAN (ジャン・ミラン)

6 Rue d'Avize 51190 Oger
TEL: 03.26.57.50.09
FAX: 03.26.57.78.47
URL:http://www.champagne-milan.com/


あとに「■M」のところでご紹介するMILAN(ミラン)と同じメゾンです。
オジェ村、グランクリュ、そしてブラン・ド・ブラン!!!
有楽町のヴィノスやまざきで買いました。

緑がかった金色で、良質な畑でとれたシャルドネの味がします!
すっきりしているけど、コクもしっかりあって、
なめらかな舌ざわりです。
きめ細かい泡立ちが何層にもつらなります。

クリュグやヴーヴ・クリコなどにブドウを卸してきた
名門中の名門です。
クリュグを買ったらン万円しますが、
こちらなら半額くらいで同じクオリティのものが買えます。


ジャン・ミラン、覚えておくととってもトクするメゾンですよ!!!







!!























JOSÉ MICHEL (ジョゼ・ミシェル)

14 Rue Prélot 51530 Moussy
TEL: 03.26.54.04.69
FAX: 03.26.55.37.12
URL: http://www.champagne-jose-michel.com/

見学不可


こちらはPN50%、PM50%の
黒ブドウだけでつくったブラン・ド・ノワール。
ワイナリー和泉屋で買いました。

このジョゼ・ミッシェル、じつはスゴイんです。
ワイン王国13号によると、
ジョゼ・ミシェル氏の造るピノ・ムニエをベースにしたシャンパーニュは、
 「他の造り手による古典的なシャルドネやピノ・ノワールのキュヴェよりも、
 長期間しかも優雅に熟成させることができる。」
として、ランスとエペルネのセラーマスターの間で
大いにもてはやされている。
彼はシャンパーニュの伝説のような人物である。」



まず、あけてビックリしたのは、
色が濃いロゼ色だったこと!
ロゼではないのに、あけぼの色のロゼワインのような色だったのです!
そしてふわっと広がる赤い果実のベリー系の香り。
豊かな果実味とコク、まろみのある酸味

どれをとっても、ちょっと他のシャンパーニュとは違いました。

樹齢の高い木(70年以上)とオーク樽でも発酵が特徴です。
ホンモノ思考のあなたに、そしてツウの方への贈り物に最適です!




 
J.DE TELMONT (ジ・ド・テルモン)
1 Avenue de Champagne 51480 Damery
TEL: 03.26.58.40.33
FAX: 03.26.58.6.393

URL: http://www.champagne-de-telmont.com/
見学は要予約
成城石井で買いました。
手頃なお値段ながら、クオリティがしっかりしています。
ブリュットの2001年(左上写真)は
緑がかった濃いめの金色で泡立ちはひかえめ。
白いお花やハチミツの香りがふわっと広がります。
コク、円熟味もあって、とてもバランスの良いシャンパーニュです。

ロゼはシャルドネが85%、黒ブドウ(ピノ・ノワール、ピノ・ムーニエ)が15%ということで
エレガントな酸味が際立っています。
普通のロゼよりもすっきりしていて、キレがある感じです。
赤い果実の豊かな香りも楽しめます。





JACQUES DEFRANCE (ジャック・ドゥ・フランス)
28 Rue de la Plante 10340 les Riceys ES
TEL: 03.25.29.32.20

見学は要予約













1910年創業のRM(レコルタン・マニピュラン)です。


自社畑の面積は10ヘクタールしかなく、
年間出荷量も1万2000本あまりと、とても少ないです。
私は信濃屋という酒屋さんで買いました。

東京都中央区にあるワインショップ、京橋ワインでロゼの取扱いがあります。
この京橋ワインは、楽天市場でワインジャンル賞を4年連続で受賞しているすごいショップです。












JACQUES SELOSSE (ジャック・セロス)
22 Rue Ernest-Valée 51190 Avize
TEL: 03.26.57.53.56
FAX: 03.26.57.78.22
見学は原則として不可

ビオ(有機栽培)です!
アヴィズのグランクリュの畑でとれたシャルドネ100%のブラン・ド・ブランです。
渋谷のシノワでいただきました。
決して安くはないので、特別な時にどうぞ!
本当に美味しいです!






JEANMAIRE (ジョンメアー)
12 Rue Godart Roger B.P. 247 51207 Épernay
TEL: 03.26..59.5.10
FAX: 03.26.54.78.52

URL: http://www.chateau-malakoff.com/uk/jeanmaire.html
見学可(予約要)

ドサージュがひかえめなので、食前酒として、またデザートと一緒にいただくと最高です!














JeanVesselle (ジャン・ヴェッセル)
4 Rue Victor Hugo B.P.15 51150 Bouzy
TEL: 03.26..57.01.55
FAX: 03.26.57.06.95

URL: http://www.champagnejeanvesselle.fr/
見学可(予約要)

このロゼはセニエ法(一般に、最も高級なロゼができると言われている方法です)によってつくられています。
牛ほほ肉の煮込み料理や、もしくは、デザートにガトーショコラと一緒にいただくと最高だと思います。






■L

LE BRUN SERVENAY(レ・ブルン・セレヴネイ)
14 Place Léon Bourgeois 51190 Avize
TEL: 03.26..57.52.75
FAX: 03.26.57.02.71

URL: http://www.champagnelebrun.com/
見学可(予約要)

新宿の伊勢丹で買いました。コートデブランの真ん中、アヴィズ村でつくられたシャンパーニュです。
いちごなどのベリー系の香り、白いお花や果物の香りが素晴らしいです!ごくごく飲めるロゼです。






!!














LOHAN ROSSET ROSÉ(ロアン・ロセ)
CH85%、PN10%、PM5%

近所のイオンリカーで買いました。
2011年12月で超円高ではあったのですが、
3000円ぐらいでした。
淡いサーモンピンク、細かな泡立ちです。
赤い果実の香りが楽しめます。
気軽に楽しめるロゼです。

ちなみに、生産者の業態別登録記号は
MA(マルク・ダシュトゥール)です。
とても珍しいです。
MAはレストランやホテルなどが
プライベートブランドとして、
いずれかのシャンパーニュ製造業者に依頼してつくったもの。
あまり見かけませんが、
ホテルリッツの「リッツ」やレストラン・タイユヴァンの「タイユヴァン」などがこれ。
ほかに「Berry Bro's. & Rudd Ltd」を飲んだときもこれでした。

シャンパーニュの種類やラベルの読み方について、くわしくはこちら




LOUIS-PHILIPPE (ルイ・フィリップ)

エペルネのLOMBARD&CLEという生産者がつくったロゼです。
信濃屋で買いました。
薄いサーモンピンクが美しく、泡立ちも豊かで長く続きます。
ほのかな甘みとさわやかな酸味、キレも良くフレッシュなロゼです。







■M



!!




























MILAN Terres de Noël 2000 (ミラン・テール・ド・ノエル 2000)
6 Rue d'Avize 51190 Oger
TEL: 03.26.57.50.09
FAX: 03.26.57.78.47
URL:http://www.champagne-milan.com/



有楽町のワインショップで買いました。
2000年と2002年の両方が棚に並んでいて、
「うーん、どちらか買うとしたら、どっちがいいですかね?」と店員さんに聞いたら、
「両方です!!!絶対に両方買ったほうがいいです!」と言われ、
フンパツして両方買いました。

これが大正解中の大正解!!!
ネットで調べたら、なんとこの2000年ヴィンテージ、
幻のヴィンテージだったのです!
しかも、パーカーポイントも94点、
ワイナート誌でも94点と絶賛されています。

口に含んだとき、ワタシは心底感動しました。
大げさでなく、「富士山のご来光」が見えます。
そのくらい、神々しいです。
初めての感覚で、自分でも驚きました。
どこまでも透明で、すがすがしく、
カラダが浄化されるような、そんなシャンパーニュです。

そして、あまりに素晴らしかったので、後日ネットで調べました。
・・・納得しました。

ミランは100年もの間、
あのクリュグにブドウを卸していた生産者で、
最近、自分のブランドとして
販売をはじめたばかりのメゾンだったのです。


オジェ村のグランクリュで、
平均樹齢30年のシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。
そりゃ美味しいにきまってます!
たしか8000円ぐらいだったと思うのですが、
このクオリティを考えると、何倍もしてもおかしくないと思いました。






!!






































MICHEL TURGY (ミシェル・チュルジ)
17 Rue Orme 51190 Le Mesnil-sur-Oger
TEL: 03.26.57.53. 43
FAX: 03.26.57.52.05
URL: http://www.champagne-turgy.com/

見学可

娘のアリエッティを妊娠してからずっとお酒を飲めなかったのですが、
授乳もひと段落したので、
「シャンパーニュ解禁!!!」
とお祝いに飲んだのがこれです。

・・・メチャメチャ美味しい!!!

サロンと同じLe Mesnil-sur-Oger村!
この村は、はっきりいってスゴイんです。
この村の畑はすべてグラン・クリュ(特級畑)で、
シャルドネしか作りません。

つまり、すべてがブラン・ド・ブランなんです!!

ル・メニル・シュール・オジェ村、
この村はブラン・ド・ブランの極めつけの村

だと言われています。

久しぶりに飲んだシャンパーニュではありましたが、
何も考えず、ただただ美味しく、楽しく飲みました。

ひとことで言うと・・・
このミシェル・チュルジは私に
「やっぱり人生に泡(あわ)は必要である」
と再認識させてくれたシャンパーニュです。


1881年創業。
100%自社畑で、
減農薬を心がけ、
収穫量も少なくコントロールし、
凝縮感のあるブドウをつくっています。

そしてオドロキなのは、
酸化防止剤も無添加なこと!
そんなシャンパーニュ、めったにお目にかかれません。

フランスの三つ星レストランでも飲まれている

とのことですが、
ホント、納得です。

たしか5000円前後だったと思いますが、
このクオリティを考えると、奇跡と思います!!!







!!






















MONMARTHE Coup de Coeur Ludes (モンマルト クープ・ド・クール)
38 Rue Victor Hugo B.P.9 51500 Ludes
TEL: 03.26.61.10.99
FAX: 03.26.61. 12.67
URL: http://www.champagne-monmarthe.com/

見学不可

こちらはCh50%、PN50%、
EXTRA BRUTです。
自由が丘のヴィノスヤマザキで買いました。

LUDE(ルード)は村の名前で、
17haのプルミエ・クリュ(一級畑)のブドウでつくられています。

勢いの良い細かい泡立ち。
EXTRA BRUTなので、
かなりスッキリ辛口です。
でも不思議なのは
ピノ・ノワールの力強さ、コクもちゃんとあって、
飲みごたえがあること!
そのバランスがまた絶妙なのです。

このモンマルトは、
黒ブドウ(ピノ・ノワールやピノ・ムーニエ)を得意としています。
基本的にはフランス国内のお得意様だけにつくられているシャンパーニュなので、
フランスのワインショップでも見かけることはまずありません!!!

マニアの方への贈り物にどうぞ!







■P



!!













Petitjean-Pienne (プチジャン・ピエンヌ)


ブラン・ド・ブラン、そしてグランクリュ!!!
そして村はクラマン
、熟成は3年間!!!
もう、言うことありません!

丸の内のヴァンピックルというお店で
友人らとワイワイ飲みました。

この作り手は日本はおろか、フランス国外にシャンパーニュを売ったことが無い、
という日本では無名に近い生産者です。

つくったものはほとんどすべて
地元クラマンのレストランなどが買い占めてしまうので、
輸出などする必要が無かったのです。


300年以上の歴史をもつ老舗です。
3.8haの畑のうち、
クラマン、アヴィズ、シュイイの2.4haがグランクリュ、という
すばらしいメゾンです。
ブリオッシュやバター、みかんなどの柑橘系の果実の香りがたまりません。
繊細で華やかなシャンパーニュです!







PAUL HERARD(ポール・エラルド)
31 Grand Rue 10250 Neuville-sur Seine
TEL 03.25.38.20.14
FAX 03.25.38.25.05

見学不可


ポール・エラルドは
シャンパーニュ地方のはずれ、ブルゴーニュに近い場所にあります。
比較的暖かい地域になるので、
コクのある旨味の凝縮されたピノ・ノワールを作ることができます。

自社畑は11ヘクタール、年間出荷量も15万本と少ないですが、
すべてにおいて手作り、こだわってつくっているメゾンです。

バラのエチケットが印象的なロゼ(左上写真)。
ピノ・ノワール100%を3年熟成させた、とても贅沢でめずらしいロゼです!
果実味が豊かでとても飲みごたえがあります。
エチケットにバラがあるせいか。ほのかにバラの香りも感じられました。
自由が丘のヴィノスヤマザキで買いました。

そして、ひし形がユニークなエチケット(左下写真)はロゼのように見えますが白です。
(私もあけるまでロゼだと思ってました(笑))。
古いブドウの木を利用した、秀逸なプレスティージュです。
泡立ちがスゴイ!
細かい泡がよく溶け込んでいます。
古いブドウの木、長い熟成からくる味の複雑さ、深さに圧倒されます。
こちらは5000円だったのですが、この値段ではありえない味わいでした。
こちらは、自由が丘のヴィノスヤマザキで買って、
2階のレストラン「旬香亭」に持ち込んでいただきました。
この旬香亭、お値段もリーズナブルで、とても良いですよ!
5月に行ったのですが、ゆば、さわら、オムライスなどをいただきました。


ヴィノスヤマザキ
http://www.v-yamazaki.co.jp/

旬香亭
http://www.shunkoutei.com/




























PAUL DÉTHUNE(ポール・デテュンヌ)
2 Rue du Moulin 51150
TEL 03.26.57.01.88
FAX 03.26.57.09.31

URL: http://www.champagne-dethune.com/home/spip.php?rubrique2


Ambonnay村のグランクリュです!
PN70%、Ch30%で、
豊かで力強い果実味とコクが楽しめます。
ブラン・ド・ノワールに近い感じです。
とてもクリアで透明感があります。
本当にいい土からとれたブドウの味がします。
このうえなくエレガントなシャンパーニュです。

じつは、ヴーヴ・クリコのプレスティージュ・シャンパーニュ、
「ラ・グランダム」の原酒は
このポール・デテュンヌ家のものです!!!


つまり、ン万円するヴーヴクリコのグランダムと同じクオリティのものが
6000円前後で楽しめてしまうのです!!!


GAULTMILAU誌でも四つ星評価、
THE WINE ADVOCATE誌でも89ポイントを獲得。


これを飲んだのは4月で、桜が満開のときだったのですが、
桜のおこわ、タケノコごはんなどにすごく合いました。

知る人ぞ知るポール・デテュンヌ。
自宅での美味しいごちそうのおともに、
または大切な方への贈り物にどうぞ!
























PIERRE GIMONNET (ピエール・ジモネ・エ・フィス)
1 Rue de la République 51530 Cuis
TEL: 03.26.59.78.70
FAX 03.26.59.79.84

URL:http://www.champagne-gimonnet.com/
見学可(要予約)

ワイナート48号(シャンパーニュ特集)で
ブラン・ド・ブランの部で
圧倒的に最高の評価を獲得したのがこのピエール・ジモネ!


専門誌La Renue de vins de Franceでも5つ星の最高評価。
Guide d'achat Champagneでも最高評価を獲得。


キュイ村にある本当にすばらしいメゾンなのです。

このメゾンはとにかく、シャルドネ!!!
美味しいシャルドネ100%のブラン・ド・ブランが飲みたいなら、
このピエール・ジモネをゲットしてください!

日本に入ってくるのはわずかなので、
ネットで見つけたら、即、買いです!!!






■R

!!











































ROBERT MONCUIT(ロベール・モンキュイ)
2 Place de la Gare 51190 Le Mesnil-sur-Oger
TEL: 03.26.57.52.71
FAX: 03.26.57.74.14

URL:http://www.champagnerobertmoncuit.com/
見学不可

汐留のSho-chu AUTHORITYというお店で買いました。
ブラン・ド・ブランです。
美味しい!!!
いいブドウの味がする!!!
と思ったら
サロンと同じLe Mesnil-sur-Oger村!
やっぱり、違います。

1890年、アレックス・モンキュイにより創業。
1928年、お孫さんのロベール・モンキュイによりシャンパーニュをつくりはじめ、
初リリースは1935年。
畑は8ha、年間出荷量は6万本と少なく、
マニア向けの、そして日本ではほとんど知られていないメゾンです。

じつはこのメゾン、ロベール・モンキュイの名前でも
シャンパーニュをリリースしていますが、

少量のブドウをルイ・ロデレール、ビルカール・サーモンにも卸しており、
そしてそのブドウはプレスティージュ・シャンパーニュ(特級)
として販売されています!!!


プレスティージュについてくわしくはこちら

つまり、他のメゾンの特級クラスのシャンパーニュと
同じものがリーズナブルなお値段で飲めてしまうということなんです!!!


■Mのミシェル・チュルジのところで
お伝えしましたが、
このル・メニル・シュール・オジェ村、
この村の畑はすべてが
グラン・クリュ(特級畑)の評価を受けています。


そして、この村ではシャルドネしかつくってはいけないことになっており、
シャンパーニュはすべてブラン・ド・ブラン!!!

そして、このル・メニル・シュールオジェ村、
この村はブラン・ド・ブランの極めつけの村


だと言われています。

ロベール・モンキュイでは
石灰質が非常に深い区画のシャルドネのみを使用。
2つの異なるヴィンテージをアッサンブラージュ。
なんともゼイタクな逸品なのです。

どうです・・・飲みたくなってきたでしょう(笑)?
自宅での特別なディナーに、またツウの方への贈り物に最適です!





RAYMOND BOULARD
51480 La Neuville-aux-Larris

パリのデパート、ラファイエットで買いました。
うすいサーモンピンクが美しいロゼですが、
とてもスッキリしていて、目をつぶって飲んだら白と勘違いしてしまいそうな感じです。
ブラン・ド・ブランみたいな味です。






■V











VRANKEN (ヴランケン)
56 Boulevard Henry Vasnier51100 REIMS
URL:http://www.vranken.net/indexfr.htm

もともとは1976年にポール・フランセーズ・ヴランケンがシャンパーニュをつくりを始めたのがきっかけ。
現在ではヴランケン・ポメリーはシャンパーニュ地方でナンバー2の大きなグループとなり、
このポール氏がグループの代表をされています。
近所のスーパーでハーフサイズのボトルが2200円で売っていました。安い!
人生の特別な瞬間のための活き活きとした輝くシャンパーニュです。







「マニアックだけどこんなものも美味でした」 ■A~Gはこちら



Home(Top page) of 『awachef』