awachef泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links


■豚肉と白いんげん豆の煮込み
豚肩肉と白いんげん豆、玉ねぎのうまみが溶け込んで、本当に美味です!
もともとは、フランスのフランシュ・コンテ地方、山あいの田舎料理。
素朴ながら、飽きのこないほっとする味わいです。


【材料(4人分)】
豚肩肉(ネット付き) 500g
白いんげん豆 240g
(乾燥豆を使用する場合は100g)
ホールトマト 1缶
玉ねぎ 1個
ベーコン 60g
ソーセージ 
水 適量
オリーブオイル 適量
塩・こしょう 適量

ブーケガルニ 1袋





(1)玉ねぎスライス、ベーコンは3cm幅にスライスする。
  ホールトマトは手でつぶしておく。白いんげん豆はザルにあげ、水気をきっておく。
  (白いんげん豆は、乾燥豆を使用する場合は、一晩水につけ、たっぷりの水で弱火で40〜50分煮込み、
  ザルにあげ、よく水気をきっておく。)ソーセージは長いようであればナナメに切る。



(2)フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肩肉を両面キツネ色になるまでこんがり焼く。









(3)煮込み鍋にオリーブオイルを熱し、ベーコンをいためる。
  ベーコンから脂がでたら玉ねぎを加え、しんなりするまで炒める。








(4)3の煮込み鍋に2の豚肩肉、ソーセージ、白インゲン豆、ブーケガルニ、
  ホールトマトを加える。豚肩肉がかぶるくらいの水を加え、
  フタをして20分〜25分ほど煮込み、塩・こしょうで味をととのえる。
  出来上がったら豚肩肉のネットを外し、1cmほどのスライスにして盛り付ける。







白いんげん豆はCOPPOLA(コッポラ)社のものを使いました。
白いんげん豆はあまり売っているのを見かけないのですが、
横浜そごうの地下、冨澤商店で241円で購入しました。
オンラインショップでも同じ値段で購入できます。
冨澤商店オンライン コッポラ カンネッリーニ(白いんげん豆)水煮



ブーケガルニはローレル、セロリなどのハーブがティーバッグのように袋詰めになったものです。
カレーのかくし味に使われることが多く、
スーパーではカレーのルーが売っている脇に置いてあります。

私はエスビー食品のものを使っています。
店頭にない場合はエスビー食品のお届けサイトが便利です。
こちらの写真のものは130円ですが、
有機ブーケガルニも230円で買えるのでオススメです!



ソーセージは御殿場高原のスパイシーソーセージを使っています。
近所のスーパーで298円でした。
普通のソーセージの何倍も美味しいです。素材からして違う感じがします。
ちょうど良いスパイシー加減がクセになりますよ。
煮込み料理に使用しても、このスパイシーさがいいアクセントになってくれます。
フレッシュガーリックと粗挽き黒コショウを使用。
地ビールレストランでも大人気だそうです。











Home(Top page) of 『awachef』