awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
 Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links



Champagnes de Corps 【ボディのシャンパーニュ】


ボディのシャンパーニュはピノ・ノワールからくるボディと力強さ、ピノ・ムーニエからくるしなやかさが特徴のシャンパーニュです。
「ハートのシャンパーニュ」が優しく、なめらかで華やかな印象のシャンパーニュであるのに対し、
「ボディのシャンパーニュ」は力強く、コクがあり、腰のしっかりとした印象があります。
秋の夜長にタートルセーターを着て、たくさんのごちそうと一緒にじっくりと飲みたいシャンパーニュです。


熟成期間の長いブリュット・ヴィンテージや黒ブドウの割合の高いブリュットが
このボディのシャンパーニュのイメージです。



などを、
豆やお肉の煮込み料理や、天ぷら、パウンドケーキなどの焼き菓子と合わせるのはいかがでしょうか?
あとはポトフ、カスレ、北京ダック、ターキー、シチューなどなど。
あなたのインスピレーションで自由な発想で合わせましょう!



キーワードは
「実りの秋の、ほっとするようなお料理」です!




ボディのシャンパーニュに合う「簡単おもてなしレシピ」


■豚肉と白インゲン豆の煮込み

豚肉と白インゲン豆のうまみが溶け込んで、本当に美味です!
もともとはフランスのフランシュ・コンテ地方、山あいの田舎料理。
素朴なのに、飽きのこないほっとする味わいです。


レシピを見る





■レンズ豆の煮込み

レンズ豆はフランス、オーヴェルニュ地方の特産品です。
みじん切りにした野菜やベーコンと一緒にチキンコンソメで煮込むだけ。
「また作って!」とリクエストも多い一品。


レシピを見る





■手羽元チキンのカスレ

フランス南西部のラングドック地方の煮込み料理の簡単バージョンです。
抗酸化作用の強いリコピンがはいったトマト、カルシウムや食物繊維が豊富な豆類をたっぷり食べられます。
時間がない方は、にんにくはチューブのものを、
パセリは生ではなく小瓶に入っている乾燥パセリを使用してもOK!

レシピを見る





■じゃがいもと豚肉のエルブドプロヴァンス

じゃがいも、豚バラ肉、玉ねぎを重ねて焼くだけ!
シンプルなのにしっかり美味しい一皿です。
じゃがいもはビタミンCやB1が豊富。
美容のためにもしっかりと食べたい野菜です。

レシピを見る





■じゃがいもと玉ねぎのグラタン

肌寒い季節にうれしい、
じゃがいものグラタンです。
玉ねぎナシで、じゃがいもだけ作ってもOKです!



レシピを見る






■鶏肉のクリームシチュー

寒い季節にぴったりのクリームシチュー。
かぼちゃは栄養価の高さは野菜ではトップクラス。
ビタミンEが血行を促進しカラダを温め、冷えからカラダを守ってくれます。
かぼちゃの皮には実より多くのカロテンが含まれているので、料理する時は「まるごと」使いましょう。

レシピを見る






他のタイプのシャンパーニュに合うレシピ

ESPRIT 【エスプリのシャンパーニュ】

COEUR 【ハートのシャンパーニュ】

ÂME 【魂のシャンパーニュ】




Home(Top page) of 『awachef』 あなたはお化粧品はどのメーカーのものを使われていますか?
わたしはなんといっても
ドクターコスメの