awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
 Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links


■鯛のアクアパッツァ

鯛をまるごと1尾つかった豪快でぜいたくなお料理です。
横長の鍋があれば魚がまるごと入ります。
アサリのほか、ハマグリを入れても美味しいです。



【材料(2人分)】
鯛 1尾
アサリ 12コ
プチトマト 6~8コ
ブラックオリーブ(スライス) 適量
ケーパー 小さじ2
イタリアンパセリ 適量
白ワイン 100cc
水 800cc
塩・こしょう 適量
小麦粉 適量
オリーブオイル 適量












(1)アサリを塩水につけて砂抜きする。(暗くて静かなところに置くとよく砂をはきます。)






(2)タイのうろこを取る。包丁の背を使って尾から頭に向かって剥ぐようにして取る。
   はらわたも取り除き、鯛を水で洗う。
   (ウロコとりは正直けっこう大変です(笑)。スーパーや魚屋で買うときに処理してもらいましょう。)





(3)鯛の水気をキッチンペーパーでふき、塩・こしょうをして小麦粉を薄くまぶす。
   フライパンにオリーブオイルを熱し、鯛を両面こんがりと焼く。






(4)煮込み鍋に白ワイン、水、ブラックオリーブ、ケーパー、鯛を入れ、最後にアサリを入れ強火にする。
   沸騰したらアクをとり弱火にする。貝は口が開いたら取り出す。(貝は開きたてが一番おいしいのです!)
   ふたをして20分ほど煮込む。





(5)鯛をとりだし、残ったスープにオリーブオイルを大さじ3、塩・こしょうを加える。
   (※鯛はとてももろくなっています。
     取り出すときにこわさないように注意!)








(6)鯛、アサリを戻し、プチトマトを加え、イタリアンパセリを飾って完成。







※私はベランダでイタリアンパセリを育てています。
とても丈夫で真冬でも青々としています。虫もつきにくいので、育てやすいですよ。
スーパーで通常買えると思いますが、
店頭にない場合は、フレッシュなイタリアンパセリをエスビー食品のお届けサイトで購入することができます。







■【おまけ編】アサリが余ったら・・・
  アサリの白ワイン蒸し


アクアパッツァなどでアサリが余ってしまったら、おまけでこんな一皿はいかがでしょう?
上記の鯛をソテーしたフライパンをそのまま使えば、鯛のうまみがいいだしになって格別な味になります!
タイムやイタリアンパセリは生のものが無ければスパイスを使用してもOKです。



【材料(2人分)】
アサリ 適量 (15~20コ)
バター 10g
白ワイン 少々
タイム(みじん切り) 適量
イタリアンパセリ(みじん切り) 適量
















(1)アサリを塩水につけて砂抜きする。(暗くて静かなところに置くとよく砂をはきます。)






(2)フライパンにバターを熱し、アサリをさっと炒める。白ワインをふり入れ、タイムを加えてふたをする。








(3)アサリの口が開いたらOK。味をみて必要であれば塩・こしょうし、仕上げにイタリアンパセリをふる。
   (貝がいちばん美味しいのは開きたてのときです!)







Home(Top page) of 『awachef』