awachef 泡でつながる。泡で輝く。自宅でシャンパーニュを楽しみながら愛される女性になるためのサイト
 Home(Top page) / Mail magagine /About us /Site map /Links



Bollinger(ボランジェ)
16 Rue-Jules Lobet B.P.4 51160 Aÿ
TEL: 03.26.53.33.66
FAX 03.26.54.85.59

WWW:http://www.bollinger.fr/
(日本語によるビデオ紹介があります♪ )

見学は予約要



■映画007「カジノロワイヤル」にも登場。
英国王室御用達ブランド。男一匹狼的な、濃厚にして繊細なシャンパーニュ。






1829年、将軍アタナス・ド・ヴィレルモンが
「ミュラー・ルイナール」で働いていたジャック・ボランジェと同僚のポール・ルノダンらを雇い、
創業した「ルノダン・ボランジェ」がはじまり。
ジャックは将軍の娘婿となり一代目となります。
その後はボランジェ家は5代に渡り経営を継承。
一貫した家族経営でこだわりのシャンパーニュをつくるメゾンとして名をはせています。

もともと将軍アタナスがアイやクラマンに畑を所有していたのですが、
継続的に畑を拡張し続け、現在では160ヘクタール、自社畑率は70%と高いです。

自社畑で大部分をカバーできることにより、ボランジェのスタイルのシャンパーニュを安定して供給することができます。

ボランジェのこだわりのひとつに樫樽での長期発酵があります。
一次発酵はすべてこの樫樽。
しかもブルゴーニュのワイン蔵で3、4年使い、タンニンの抜け切った樽にこだわっています。

ボランジェのシャンパーニュは長期保存に耐え、濃厚で繊細な味わいが特徴ですが、

これはここまで木樽に徹しているからこそのものです。
また、ブドウはすべてキュベ(一番搾り)のみを使用し、リザーブワインはすべてマグナムボトルで保存しています。
(大きなボトルのほうが空気に触れる面が少ないので、品質が保たれます。)
なお、ボランジェのスタイルとして、ドサージュ(加糖)は少なめです。

3代目のジャック・ボランジェ(1代目と名前が同じですが孫にあたります)が1941年にパリで客死したことで
未亡人となる妻エリザベス・リリー・ボランジェは、
第二次世界大戦という非常事態にもめげず、メゾンの発展に大いに貢献しました。
1971年まで30年間もの間、メゾンを掌握。
自社畑の拡張とともに世界的なマーケティングを展開しました。
このマダム・エリザベスはヴーヴ・クリコやポメリーと並び、
シャンパーニュ地方で最も有名な未亡人の一人です。
自転車に乗って畑をまわる親しみ深い姿がいまも写真に残っているそうです。

映画007「カジノロワイヤル」にも登場するのがこのボランジェ。

「カジノロワイヤル」では、ボンドがボランジェのグランダネを注文するシーンもでてきます。
ワイルドなボンドのイメージにふさわしい、男一匹狼的な濃厚にして繊細なシャンパーニュです。


映画の中のシャンパーニュについてはコチラ





■男はだまってボランジェ・・・!?そのくらいシブいシャンパン


Bollinger Special Cuvée Brut (ボランジェ・スペシャル・キュヴェ・ブリュット)
(PN60%, Ch25%, PM15%)
ボランジェをまだ飲んだことのない方はこれ!
ボランジェの中では一番値段も手ごろです。
このシャンパーニュは通常のブリュットでありながら、
実に80%以上がグランクリュ、またはプルミエクリュの畑からとれたブドウを使用しています。
つまり、「ほぼプレスティージュ」と考えても良いくらいのブドウの品質の高さです。
3年以上のセラーで寝かせたあとデゴルジュマンを行い、出荷の前にさらに3か月寝かせています。
また、品質を安定させるため、5~10年モノのリザーブワインを5~10%使用しています。

伊勢丹のオンラインショップ、「I ONLINE」で取扱いがあります。
送料は地域によって異なりますが、東京など都心部であれば315円で、クール便は630円です。
地方だと送料は599円、クール便が914円となります。

東京・奥沢にあるワインショップ、イー・エックスでも取扱いがあります。
伊勢丹よりこちらのほうが安いです!
送料は地域によって異なりますが、関東(600円)~沖縄(1200円)です。



また、東京・板橋にあるワイナリー和泉屋でボランジェのロゼを取り扱っています。
ボランジェのロゼはまず見かけることがないので、とてもめずらしい一品だと思います。
配送料は全国一律577円で、クール便の場合は、787円です。
1万円以上で送料無料となります。




Bollinger Grande Anée 1999(ボランジェ・グランダネ 1999)
(PN65%, Ch35%)

このグランダネを飲めば、ボランジェの類まれなテロワールの質と、
妥協のないシャンパーニュづくりのスピリットがわかる、という一品です。
ブドウの当たり年だけ作られるもので、プレスティージュです。

プレスティージュについてはコチラ

グランダネ(GRANDE ANNEE)とは「素晴らしい年」という意味です。
グランクリュが69%、プルミエクリュが31%で、
最低でも5年間(時には6年以上)は寝かせています。
こだわりのオーク樽で長く寝かせることで味に深みが増し
、リッチで複雑な凝縮感のある香りが生まれます。

映画007では、 ボンドが人妻(敵の奥さん)をホテルに連れ込み一緒に過ごそうとする時に、
部屋の電話でこの銘柄を注文するシーンがあります。


Bollinger Grande Anée Rosé 1999(ボランジェ・グランダネ・ロゼ 1999)
(PN63%, Ch37%)


「アンリ4世の食卓を再現」することをイメージしてつくられたロゼです。
オレンジがかったピンク色が美しいです。
AY(アイ)村の中心地、ごく限られた1.5ヘクタールの特別な畑から
つくられた赤ワインをブレンドして作られています。
このロゼは毎年つくられているわけではなく、
完璧に熟したブドウが収穫された年だけに作られているものです。
アイ村のピノ・ノワール100%でつくられた赤ワインをブレンドしています。
本当にいいブドウを使用しているので
豊かな果実味が口いっぱいに広がります。
凝縮したアロマの中に、イースト香、タル香も感じられます。
「7割が自社畑」というボランジェならではの、
本当に手入れの行き届いたブドウで大切につくられた珠玉のロゼです。







Home(Top page) of 『awachef』